220428 吉村尚美 / 『「平熱37℃」で病気知らずの体をつくる』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★吉村尚美 / 『「平熱37℃」で病気知らずの体をつくる』

●体温が1℃下がるだけで、免疫力は約3割下がるとされており、

 アレルギー疾患や各種感染症などのリスクも高まってきます。

 がん細胞は35℃台で最も活発に増殖するという研究結果も出ています。

●一口20回以上、できれば30回ほど噛むことを心がけましょう。

 消化が良くなるだけでなく、

 よく噛んで食べるという行為そのものが熱を産生して、

 食事をした後の代謝量が増えます。

 このことをDIT(食事誘発性熱産生)といいます。

●できるだけ加熱調理した料理を中心に食べましょう。

 野菜は生のまま食べるよりも、火を通すほうが体を温めます。

 作りたてを温かいうちに食べるのが理想です。

●胃液が薄まって胃の消化吸収に支障をきたすので、

 食事中はあまり水分を摂らないようにしてください。

 特に冷たい飲みものは胃を冷やし、

 内臓機能が低下して代謝が下がります。

 氷入りの冷たい飲みものは絶対に避け、

 常温、または温めて飲むようにする習慣をつけましょう。

●発酵している飲みものは体を温め、

 発酵していない飲みものは体を冷やす。

例 体を冷やす 緑茶、コーヒー、ビール、コーラ、白ワイン、サワー

  体を温める 紅茶、番茶、ほうじ茶、日本酒、赤ワイン(無添加)、

        黒ビール(常温)、ハーブティー

●筋肉をしっかりつけることができれば、

 全身の血流が良くなって代謝が活発になり、体温も上がります。

●体内の有害ミネラルは、次のような割合で体外に排出されます。

 便・・・75%

 尿・・・20%

 汗・・・3%

 髪・爪など・・・2%

●ストレスから身を守る、4つのメンタルケア

(1)マイペースを貫く

(2)完璧主義を捨てる

(3)思考パターンを変えてみる

(4)今のストレスに向き合う

 ・自分にとって、今何がつらいのか。

 ・それに対して、自分はどうしたいのか。

 ・現実的な解決策は何か。

●近年、「笑い」の効果が注目されています。

 日常生活でいつも笑顔を心がけることによって、

 見た目の好印象や人間関係の円滑化はもとより、

 健康増進や美容など、さまざまな効果が得られるというものです。

●「笑顔効果」は、いわゆる作り笑いでも得ることができます。

 私たちの脳には、「笑う=楽しい」という回路がインプットされています。

 たとて作り笑いでも、脳が「楽しい」と錯覚をして、

 本当の笑顔のときと同じようにエンドルフィンの分泌や

 NK細胞の活性化が行われるというメカニズムです。

 エンドルフィンは脳内麻薬(脳内モルヒネ)とも快楽物質とも呼ばれ、

 気分が高揚し、多幸感を得る効果がある物質として知られています。

 がん細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化して

 免疫力がアップし、さまざまな病気の予防になるといわれています。

●アーユルヴェーダの中に、

「五感に働きかける健康法」というものがあります。

 色にはさまざまな治癒効果があり、これを利用して五感を刺激すれば、

 病気を予防したり、健康を促進したりするというものです。

 低体温に効果的なのは、赤色です。

 赤色は血液に関係する色で、体に熱を起こしたり、

 赤血球の産生を促したりする色だといわれています。

●黄色・・・理解力と知性を刺激する。

 緑色・・・心をしずめて感情を和らげ、幸福感をもたらす。

 青色・・・肉体を落ち着かせて冷ます作用を持つ。

 紫色・・・意識を覚醒させて頭を軽くして、近くをとぎすませる。

●太陽の光に含まれている「育成光線」を

 浴びることがとても大事だといわれています。

 電磁波は一概に有害というわけではなく、

 むしろ人間の健康に良い影響を及ぼす電磁波もあり、

 その一つが太陽の光に含まれている、熱効率の高い遠赤外線です。

●テラヘルツ波

 光と電波の境界に位置する、新しい電磁波。

 そのうち、人間の体にとても良いといわれる

 テラヘルツ波領域の約4~14マイクロメートルの波長を、

「育成光線」と読んでいます。

 例えば日なたぼっこをすると、

 体の奥までじんわりと温まる感覚があります。

 これは、体の中心部まで到達した育成光線が、

 体を内部から温めてくれる効果によるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA