220210 松山淳 / 『「上司」という仕事のつとめ方』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★松山淳 / 『「上司」という仕事のつとめ方』

●強さとは、「固い」ことではなく、右に左に揺れる「しなやかさ」。

●部下は力をもっている。

“力がないからつけてやる”ではなく、

“部下のもてる力を開放するのだ”

●カリスマであることよりも、

 謙虚に正直に人として正しく生きることが、

 最後の最後は人から信頼される上司になるのだということを、

 ここに再確認したいと思います。

●嫌いな訳を文字で表してみると、

 自分の感情を客観視できるようになります。

 人にもよりますが、

「なんて馬鹿げたことで嫌いになっているんだろう」

「私って子どもだわ」と、

 自分が部下をどう見ていたのかを冷静に判断でき、

 おかしくなることがあります。

●リーダーシップとは、「未来」を見せる力。

 マネジメントとは、「いま」を円滑に動かす力。

●池田守男、金井壽宏『サーバント・リーダーシップ入門』

「上の地位にある者が、

 第一線に指示をして仕事の仕方を変えさせるのではなく、

 第一線がやりやすいように仕事の環境を整え、

 彼らの自主的な改善を後押しする

 サーバント・リーダーシップの考え方が、

 社員の意識改革に変化をもたせた」

●MBWA(Management By Wandering Around)

 リーダーが職場をふらつきながら社員とたわいのない雑談をし、

 その会話を通して職場の状況を把握、分析し、

 経営上のヒントを得るというものです。

●オープンブック・マネジメント、ガラス張り経営

●部下の成長を見届けるためには、どうしても次のことが必要です。

「待つこと」

 それは、部下の可能性を信じることです。

 部下のなかに、まだまだ眠っている力があることを確信していることです。

●心理的な安全基地(Safe Base)

 部下がかいた恥を、恥としない。

 そんな上司が共存し堂々と恥をかける場が用意されている職場。

●恐れるべきは失敗ではなく、挑戦しなくなること。

●男性がうれしい女性のひと言

(1)おはようございます

(2)お疲れさまでした。ありがとう。

(3)おかげでうまくいきました。助かりました。

(4)またお願いします。

(5)期待しています。

(6)ちょっと教えてください。

(7)●●さんがほめていました。

(8)何かできることありますか。

(9)遅くまでがんばっていましたね。

(10)メールで励ます「がんばって」。

●女性がうれしい男性のひと言

(1)お疲れさまでした。ありがとう。

(2)おはようございます。

(3)また頼むよ。

(4)おかげでうまくいったよ。助かった。

(5)●●さんがほめていたよ。

(6)遅くまでがんばっていたね。

(7)期待しているよ。

(8)具合悪そうだね。無理しなくていいよ。

(9)メールで励ます「がんばって」。

(10)気にするなよ。たいしたことないって。

●「フォーマル組織」と「インフォーマル組織」

 フォーマル組織・・・

 社長、部長、課長、平社員と、

 役職にもとづいて構成されたものであり、「縦の人間関係」です。

 インフォーマル組織・・・

 同期、飲み仲間、趣味仲間など、

 部署の垣根を越えた「横・斜めの人間関係」

●人のやる気は、何らかの「報酬」によって引き出される。

・外発的報酬・・・

 地位、昇進、給与、評価、称賛、承認など。

・内発的報酬・・・

 達成感、成長感、有能感、自己決定、自己実現など。

●自我関与(ego involvement)

 心理学の言葉。

「自分には価値がある」と感じられる感覚が、

 特定の結果に依存しているプロセスを指します。

●ノンバーバル(非言語的)・コミュニケーション
(nonnverbal communication)

 人と会って話をするときには、

 相手の表情や身ぶり手振りなど言語以外の要素からも、

 多くの情報を受けとります。

●ジョブ・ホッパー

 転職繰り返す人。

●あなたの人間としての価値は、会社の評価とは違う。

●ミドル・クライシス(中年の危機)

●創造の病(クリエイティブ・イルネス)

 中年の危機の中で体験する病。

 自分の人生を壊してしまいたいほどの絶望感にかられながら、

 そうなるものかとぐっと耐えているとき、

 私たちは、中年期以降の人生を心豊かに生きるための感性や知恵や心を

 創造しているのです。

●嘘には「黒い嘘」と「白い嘘」がある。

 黒い嘘とは、偽ったことを言うことです。

 白い嘘とは、悪い面も含めて大事なことをあえて語らないことです。

 意図的に隠すことです。

●RJP(Realistic Job Preview)現実主義的な仕事情報の事前提供

 RJPが語られるときに、必ず持ち出される事例があります。

 求む男子。至難の旅。僅かな報酬。

 極寒。暗黒の日々。絶えざる危険。生還の保証はない。

 成功の暁には名誉と賞賛を得る。

 これは南極探検隊の募集広告です。

 1900年頃にロンドンの新聞に掲載されたものと言われている。

●カウンセリングを行う際は、

「無条件の積極的関心」「共感」「自己一致」の三つが基本。

「無条件の積極的関心」・・・

 相手の話の内容がどのようなものであれ受け入れ、

 話を聴く側の人間が積極的に相手の話に関心を示すこと。

「共感」・・・

 文字どおり、相手の喜怒哀楽の感情を「そう思う」と共に感じること。

「自己一致」・・・

 自分の発言と心の内で感じていることが一致していること。

●引き受け

 部下の苦しみを引き受けたとき、上司は一緒に苦しむことになります。

 その心のきしみを部下が感じることができると、

 自分で悩みを解決しようと心が動き出します。

 話の主役は部下であり、喋らすことを心がけてください。

 そうすれば、心を病む人は、確実に減っていくはずです。

●「部下に仕事を任せない」の別の見方

「部下から仕事を取り上げている」

「部下を信頼していない」

「部下が成長する機会を奪っている」

●あなたが辞職するときに、してもらいたいことをすること、

 それが上司の仕事です。

●極端なことをいえば、

 リーダーは仕事が順調に進んでいるときには何もしなくていい。

 しかし、一度、トラブルが発生したとなったら、

 自らのもてるすべての力を出し切り、ことにあたれ。

●三木清『人生論ノート』

「孤独は山になく、街にある。

 一人の人間にあるのでなく、大勢の人間の『間』にあるのである」

●ベンチマーキング(benchmarking)、

 ベストプラクティス(best practice)

●私たちは、残念ながら過去の世界に住むことはできません。

 新しいステージには、新しい自分を用意しなくてはいけないのです。

 古いあなたを終えて、新しい自分を始めるとき。

 それが上司になるということです。

●座右の銘

 ひとつの短い言葉のなかに、忘れていた大切なことが、

 そのとき思い出すべき哲学が、ぎゅっと詰め込まれている。

●仕事の完成よりも、仕事をする人の完成。

●人と会って話すコミュニケーションが減っていくと、

 組織の力は間違いなく落ちていきます。

 組織の力は、コミュニケーションの回数に比例するのです。

 組織の病の典型例は、部署間の連携がなくなること。

 その具体的な症状は、他部署との会話が少なくなっていくことです。

●映画監督 小津安二郎

「なんでもないことは流行にしたがう

 大事なことは道徳にしたがう

 芸術のことは自分にしたがう」

●企業とは、理念や描いたビジョンを目指し、

 個人と会社の価値観双方のベクトルを合わせ、

 共通の目標に向かって行動する人間集団である。

●なんのために働いているのかと問われたら、

 それは自分のためだよ。

 それで、いいのではないでしょうか。

●コップに水の雫が一滴一滴と垂れ、あふれ出すには時間がかかります。

 ですが最後に、コップから水がこぼれるのは一瞬のことであり、

 その大きな変化もまた、一滴の雫のすることです。

 そんな変化の瞬間を迎えるために、

 私たちは、毎日、毎日、少しずつ変わっていけばいいのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA