220209 ジム・コリンズ / 『ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★ジム・コリンズ / 『ビジョナリー・カンパニー 2 – 飛躍の法則』

●飛躍した企業は、偉大になるために

「なすべきこと」に関心を集中させたわけではなかった。

それと変わらぬほど、

「してはならないこと」と「止めるべきこと」を重視している。

●第五水準のリーダーシップ

 万事に控えめで、物静かで、内気で、恥ずかしがり屋ですらある。

 個人としての謙虚さと、職業人としての意思の強さという

 一見矛盾した組み合わせを特徴としている。

●第五水準までの段階

(第一水準) 有能な個人

 才能、知識、スキル、勤勉さによって生産的な仕事をする。

(第二水準) 組織に寄与する個人

 組織目標の達成のために自分の能力を発揮し、

 組織のなかで他の人たちとうまく協力する。

(第三水準) 有能な管理者

 人と資源を組織化し、決められた目標を効率的に効果的に追求する。

(第四水準)有能な経営者

 明確で説得力のあるビジョンへの支持と、

 ビジョンの実現に向けた努力を生み出し、

 これまでより高い水準の業績を達成するよう組織に刺激を与える。

(第五水準)第五水準の経営者

 個人としての謙虚と職業人としての意思の強さという

 矛盾した性格の組み合わせによって、偉大さを持続できる企業を作り上げる。

●第五水準の指導者は二面性の典型例だといえる。

 謙虚だが意思が強く、控えめだが大胆なのだ。

●第五水準のリーダーシップの二面性

▼職業人としての意思の強さ

・素晴らしい実績を生み出し、偉大な企業への飛躍をもたらす。

・どれほど困難であっても、長期にわたって最高の実績を生み出すために

 必要なことはすべて行う固い意思を示す。

・偉大さが永続する企業を築くために基準を設定し、

 基準を満たせなければ決して満足しない。

・結果が悪かったとき、窓の外ではなく鏡をみて、責任は自分にあると考える。
 他人や外部要因や運の悪さのためだとは考えない。

▼個人としての謙虚さ

・おどろくほど謙虚で、世間の追従を避けようとし、決して自慢しない。

・野心は自分個人にではなく、企業に向ける。

 次の世代に一層の成功を収められるように後継者を選ぶ。

・鏡ではなく窓をみて、他の人たち、外部要因、幸運が

 会社の成功をもたらした要因だと考える。

・静かな決意を秘めて行動する。

 魅力的なカリスマ性によってではなく、

 主に高い基準によって組織を活気づかせる。

●偉大な実績に飛躍した企業と比較対象企業との間には、

 戦略に二つの基本的な点で決定的な違いがあった。

 第一に、飛躍した企業では、戦略の策定の基礎として、

 三つの主要な側面(三つの円)を深く理解している。

 第二に、この深い理解を単純で明確な概念にまとめ、

 この概念をすべての活動の指針(針鼠(はりねずみ)の概念)にしている。

 針鼠の概念は、目標ではないし、戦略でもないし、意図でもない。

 理解である。

●三つの円

(1)自社が世界一になれる部分

 同様に重要な点として、世界一になれない部分はどこか。

(世界一に「なりたい」分野ではない)

 その時点で従事していない事業かもしれない。

 中核事業で世界一になれないのであれば、

 中核事業は針鼠の概念の基礎にはなりえない。

(2)経済的原動力になるもの

 キャッシュフローと利益を継続的に大量に生み出す

 もっとも効率的な方法を見抜いている。

(3)情熱をもって取り組めるもの

 三つの円の重なる部分に入らないものであれば、

 どんな機会でも見送る意志をもつことである。

●偉大な業績への飛躍を導いた経営幹部を対象に行ったインタビューでは、

 全体の80%は、飛躍をもたらした上位五つの要因のひとつとして

 技術をあげていない。

 ニューコアのように、新技術の利用の先駆者として有名な企業でも、

 この点は変わらない。

●調査結果から指摘される結論(抜粋)

(1)初期の指導者が偉大な企業への飛躍をもたらす枠組みを

 適用していた事実が、かなりはっきりとみてとれる。

(2)偉大な企業を、永続する卓越した企業に転換させるには、

 基本的価値観と利益を超えた目標(基本理念)を見つけ出し、

「基本理念を維持し、進歩を促す」仕組みを組み合わせる。

●デーブ・パッカード

 シリコン・バレーのごく初期に十億ドルを超える資産を築いた人物だが、

 1957年に夫婦で建てた小さな家に住んでいた。

 パッカードの死後、家族が追悼の小冊子を作ったが、

 故人の写真は作業服を着てトラクターに乗っているようすを

 写したものであった。

 写真説明は、デービッド・パッカード、1912~1996年、農場主など

 と書かれている。

●メルク 社の理念

 医薬品は患者のためにあることを忘れない。

 医薬品は利益のためにあるのではない。

 利益は後からついてくるものであり、

 われわれがこの点を忘れなければ、利益はかならずついてくる。

 このことを肝に銘じていればいるほど、利益は大きくなる。

●時を告げるのではなく、時計をつくる

 経営者の何回もの世代交代、いくつもの製品サイクルを通じて継続し、

 環境の変化に適応できる組織を作り上げる。

 ひとりの偉大な指導者や、ひとつの偉大なアイデアを中心に

 企業を作るのとは正反対の考え方である。

●BHAG=Big Hairy Audacious Goals

 社運を賭けた大胆な目標。

●ボーイング 軍用大型機

 B17(空の要塞)、B29(空の超要塞)、B52(成層圏の要塞)

●ある高校のクロスカントリー・チーム

 タイムを調べるのではなく、順位を調べる。

 レースの最後、2マイル地点からゴールまでの間に、

 何人を追い抜いたかを計算する。

 レースの後に、各選手に記念のビーズを追い抜いた数だけ贈る。

 選手がこれでネックレスかブレスレットを作り、

 やっつけた敵の数を誇る仕組みになっている。

●「走るのは楽しい、レースは楽しい、

 力を伸ばすのは楽しい、勝つのは楽しい。

 これがチームの活動の基本になる考えだ。

 チームの活動に熱意がもてないのだったら、

 他に熱中できるものを探すべきだ。」

●スタンフォード大学経営学大学院 教授 ロバート・バーゲルマン

「ビジネスでも人生でも、完全な失敗以外でもっとも危険なのは、

 成功を収めているが、なぜ成功したのかが分かっていない状態だ。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA