220202 すずきともこ / 『子どもが光る あったかいしかり方&ほめ方』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★すずきともこ / 『子どもが光る あったかいしかり方&ほめ方: 親の気持ちもラクになる』

●例えば「家事がカンペキにできていないから」と文句を言われたうえに

「楽しみにしている用事を禁止される」、

そして、行けないのは「自分が家事をカンペキにできなかったからで、

自分がわるいのだ」と思わされる。

これはカップルの間で行われた場合、

DV(ドメスティックバイオレンス)となります。

●子連れで電車に乗らねばならないとき

(1)出かける前に、お子さんに説明します。

 今日の予定をなるべく具体的に伝えます。

 そのうえで、「電車の中では他の人も乗っているから、

 なるべく静かにしていようね。話すときは、小さい声で話してね。」など

(2)お子さんと電車で楽しめるワザを増やします。

 小さな絵本、おもちゃ、手遊び、しりとり、

 ごっこ遊び、窓の外を見て話すなど

●怒りを表現できるのは、自然なことです。

 ただ、人に危害を加えなければいいのです。

 鎌倉市の神社には、素焼きの食器を割るコーナーがあります。

●お店の前での駄々

「知的好奇心」や「やる気」、「気持ち」だけは認める。

「やってみたいんだね、欲しいんだね」と認めつつ、

 その一方で、「今日は買わない」と言っていいです。

 お子さんの気持ちをひたすら聴くだけで、

 やがて泣きやみ、きげんがなおって歩き出したりします。

 そして、聴いてくれた大人との間の信頼関係が育つのです。

●「生まれてきてくれただけでうれしい」

 「生きていてくれるだけでうれしい」

 「『無条件で』かわいい」

●思春期になった子にも説明しましょう。

 たとえば深夜に帰宅した子に、どうして心配するのかを具体的に伝えます。

「世の中にはわるいことをする人がいる」こと、

 その犯罪の手口各種、

「路上に止まっている車からは離れて歩く」

「イヤホンしたまま歩かない」など、たくさん説明できることがあります。

「もっと早く帰りなさい」とだけ言われるより、

 子どもは納得できるのではないでしょうか。

●「私メッセージ」で言う

「あなた」を主語にすると、責めるような言い方になりやすいのです。

 言われた子どもはいやな気持ちになるかもしれません。

 そこで、主語を「私」にすると、大きく変わります。

「私メッセージ」と呼ばれています。

●アサーティブ(assertive)

「自己主張すること」という意味です。

 ただし、ここでいう自己主張とは、

 自分の主張を一方的に述べることではなく、

 相手を尊重しながら適切な方法で自己表現を行うことを指します。

 つまりアサーティブ・コミュニケーションとは、

 お互いを尊重しながら意見を交わすコミュニケーションのことです。

(出展:https://www.recruit-ms.co.jp/glossary/dtl/0000000202/#:~:text=%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%EF%BC%88assertive%EF%BC%89%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81,%E4%BA%A4%E3%82%8F%E3%81%99%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82)

●「私」を主語にする言い方は、

「対等に」「相手を否定しない」「相手のせいにしない」

「自分を大切にする」「自分の行動に自分で責任を取る」

 ことにつながる方法です。

 精神的に自立した姿勢で、人間関係が健康になっていく言い方でもあります。

●「片付けてね」と言うよりも、

「きれいにしてね」と言うほうが、イメージが浮かびやすいです。

「走らないで!」と言うよりも、

「ここでは、歩いてね」のほうが伝わりやすい。

●「子どもに、しっかりした大人になってほしい」

 そう願うときに、ついつい親がやりがちなことで、

 逆効果になってしまうこと 3つ

(1)子どもの足りないところが気になってしまうこと。

「そのくらいあたりまえだ」と思わずに、

「やったこと」「できたこと」を子どもに意識して言ってみましょう。

(2)他の人と比べてしまうこと。

「過去のその子自身」と比べましょう。

(3)失敗しないようにと育てること。

失敗をさけると新しいことにチャレンジしにくいです。

命に関わることや犯罪でなければ、

たとえっば失敗しそうでも、おおらかに見守ってみるのはどうでしょうか。

「失敗は成功のもと」「また経験がふえたね」という言葉が飛びかうと、

子どもが安心して人生を切り開いていくことができます。

●よく「怒りそうなとき、10かぞえよう」と言うが、

 子どもを相手に、私はそれはむずかしかった。

 ゆっくり話すと自然に、息を長く吐く。心がおちつく作用がある。

 いらいらしたとき、怒りそうなときは、ゆーっくり話してみよう。

●「本能」だけで育児はむずかしい。

 育児は、人から人へ伝えられる「文化」なのです。

 やり方を教わって、初めて育児ができるのです。

●ことわざ「子ども1人を育てるのに、村全体の大人が必要」

□渡辺京二『逝きし世の面影』

 江戸時代や明治時代に、

 日本に来た海外の人たちが書き残した日記などをまとめた本。

 
●「ゆりかごをゆらす手は世界を動かす」

 育児は、社会や歴史にも大きく影響していきます。

 育てられ方のちがいで、未来が変わっていくのです。

 子どもたちはやがて大人になり、社会を動かしていくのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA