211216 クリス・ギレボー (著)、本田直之 (訳) / 『1万円起業』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★クリス・ギレボー (著)、本田直之 (訳) / 『1万円起業』

●1万円起業 アンケート

(1)情熱主導型モデル

 趣味や、夢中になっているものを基にしてビジネスを生み出した。

(ただし、大きな利益に結びつくとは限らない)

(2)超・低コスト

(3)利益が少なくとも年間5万ドル。

(4)特別なスキル不要。

(5)収支の完全公開OK。

(6)従業員5人未満

●マイクロビジネスがうまくいく 3つのルール

(1)「共通部分」を探す

あなたが好きなことや得意なことと、他人の興味が重なる部分。

(2)スキルを転用する

関連した別のスキル。

例:教師 勉強を教える →コミュニケーション、集団管理、長期計画・・・

(3)魔法の薬

情熱やスキル + 有用性 = 成功

●ことわざ

「人に魚を捕ってやれば、その人は一日生きられる。

 魚の捕り方を教えれば、その人は一生生きられる。」

 ビジネスの場合、前者。

●「何を売っているのですか」

 「顧客はなぜあなたから買うのでしょうか」

●顧客を見つける確実な戦略

(1)人気のある趣味、流行をつかむ

(2)ほしいものをお客に聞く

 ○○について、「いちばん困っていることは何か?」

        「いちばん知りたいことは何か?」

        「どんなことをしてほしいか?」

●アイデアの採点

「影響」「手間」「収益性」「将来」「総合」

●売り出しを実行するときのルール

(1)市場性の高いアイデアを選ぶ。

(2)費用を抑える。

(3)まず売ってみる。

(4)つくる前に市場をたしかめる

●A4用紙1枚のビジネスプラン

・概要

 何を売るのか?

 誰が買うのか?

 このビジネスアイデアは誰を助けるのか?

・お金

 いくら請求するのか?

 どうやって支払いを受けるのか?

 このプロジェクトで稼ぐ方法は他にあるか?

・売り込み

 顧客はどうやってこの製品について知るのか?

 どうすれば口コミで広めてもらえるだろうか?

・成功の基準

 次の指標を達成すれば、このプロジェクトは成功だ。

 顧客数 または 年間純収入 あるいは 他の指標

・障害と問題

 このプランの具体的な懸念は?

 ①、②、③、・・・

 懸念に対して考えられる解決策は?

 ①、②、③、・・・

・期日

 このプロジェクトを○○までに立ち上げる。

●140字のミッション宣言

・私たちは「製品またはサービス」を「顧客」に提供する。

・私たちの「製品またはサービス」は

「顧客」が「主要なベネフィットを」するのを/達成する役に立ちます。

●オファーの条件

(1)人が「ほしいもの」と、

「ほしいと言うもの」は必ずしも同じではない。

(2)ほとんどの人は買うのが好きだ。

 しかしたいてい買わされるのは嫌がる。

(3)背中を押す。

●断れないオファー

・基本

 何を売るのか?

 いくらで売るのか?

 このオファーに対してすぐ行動するのはだれか?

・顧客のベネフィット

 プライマリ・ベネフィット(決定的購買動機)は?

 重要なセカンダリ・ベネフィット(副次的購買動機)は?

・反対意見

 このオファーに対する主な反対意見は?

 ①、②、③、・・・

 これらの反対意見にどう反論するか?

 ①、②、③、・・・

・タイミング

 なぜこれを今買う必要があるのか?

 このオファーにもっと説得力を持たせるために何を付け加えられるか?

●「よくある質問(FAQ)は」PRのためにある

・私があなたに知ってほしいこと。

a 本当に効果があるとどうしてわかる?

b 確信が持てない。

c 他の人はどう思っているだろうか?評判は?

d お金を払わなくても手に入るのではないだろうか?

e 個人情報を送るのは心配だ。

●クレーマーは無視すべきだ。

 どんな値段で売っても、不満を訴える人は必ずいる。

 そういう人の態度を変えようとしても無駄だから、ただ受け入れるしかない。

 要求に応えようとしないこと。

●収益性を高める3つのルール

(1)コストではなく、ベネフィットに基づく価格。

(2)何種類かの価格を提案しよう。

(3)2回以上稼ぐ。

「継続プログラム」「会員制」「購読」など

●価格設定は、自分が負担した費用や時間ではなく、

 顧客が受け取るベネフィットで決めること。

●ツイーク(tweak)

 大きな変化につながる細かい修正。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA