211018 スティーブ・モリヤマ / 『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★スティーブ・モリヤマ / 『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』

●教育は、本来、インプットしてきたものをアウトプットして終わるのではなく、

 それを次世代に継承してはじめて完結する。

●ユダヤ流・9つの成功法則

(1)自分を大切にするものは、他人も大切にできる。

 すべては自分から始まり、自分に終わる。

 自信とは、自分を信じることだ。

 まずは、自分自身と徹底的に向き合ってみること。

(2)なんでも鵜呑みにするな!人間は鵜ではない。

(3)口はひとつ、耳はふたつ。

(4)カネを追うな!お金には追われるようになれ。

(5)「学ぶ」ことは「知る」こと。「知る」ことは「変わる」こと。

(6)失敗を恐れるな。

 やろうともせずに逃してしまうチャンスこそ、恐れるに値するのだ。

(7)何もしないことこそ、最大のリスクなのだ。

(8)無から有を生み出す喜びを知れ!それには「質問力」が大切だ。

(9)笑ってツキと若さを引き寄せろ!

●ボブ・ディラン

 私が自信をもってできることは、自分自身であること。

 たとえ自分という存在が、どんな人間であろうとも。

 All I can do is be me, whoever that is.

●トマス・サズ(米国の精神分析学者)

 よく、あの人はまだ自分探しを終えていない、などという人がいるが、

 そもそも自分とは探すものではない。

 みずから創り出すものである。

 People often say that this or that person has not yet found himself.

 But the self is not something one finds -it is something one creates.

●過去一千年のあいだに起きなかったことが、

 次の瞬間に起こるかもしれない。

●いざというときに、大勢のあとについていってはいけない。

●人生における成功をA、仕事をX、遊びをY、

 口を閉じることをZとすると、A=X+Y+Z が成立する。

●人は、人と人のつながりの中で生きていく生き物である。

●この仕事で豊かな気分になることはない。

 ただあるのは、どれだけ稼いでも、

 新しいレベルの相対的貧困感に苛まれること。

●空気人間たれ。

 空気のように軽く、どこにでも入っていく。

 それでいて、空気のように誰もが必要とする資質を兼ね備えた人間。

 苦難を空気化した人間。

●お金は手段にすぎません。

 自分が行きたいところには連れていってくれますが、

 自分が運転手だということは、忘れてはなりません。

●自分の力では、どうにもならないことは、心配するな。

●現状維持こそ最大のリスクである。

●ピーター・ドラッカー

「未来を予知しようとすることは、

 夜中に田舎道をライトもつけずに走りながら、

 後ろの窓から外を見るようなものである。

 一番確実な未来予知の方法は、

 未来自体を造りだしてしまうことである。」

●石橋を叩いていると、何となく安心する。

 コツ、コツ、コツ。

 コツ、コツ、コツ。

 だから、多くのひとは石橋を叩き続ける。なかなか橋を渡らない。

 石橋を叩くのはいい。

 だが、叩きすぎると渡り終える前に、橋を壊してしまう。

 そして、一緒に自分も川の中に落ちて、おぼれてしまう。

 石橋を叩くのはいい。

 だが、考えてもどうしようもないときは、叩くのを止めてしまおう。

 叩かずに渡ってみる。

 とにかく前に一歩進んでみる。

 そして、落ち着いたら、また叩いてみればいい。

 コツ、コツ、コツ。

 コツ、コツ、コツ。

 考えても、考えても、考えても、答えが見つからないとき。

 がんじがらめになったとき。

 口にしてみる。

「まあ、いいか」

 口に出して言ってみる。

「まあ、いいか」

 もう一度。

「まあ、いいか」

 何度か続けているうちに、楽になってくる。吹っ切れていく。

 考えたって仕方がない。

 無理をしない。自分を責めない。追いつめない。

 それよりも、とにかく一歩前に進んでみよう。

 考えるのは、それからでも十分間に合うから。

「まあ、いいか」・・・

 どんなに辛い状況にあっても、

 前向きな自分を、橋の向こうに見つけることができる魔法の言葉である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA