211010 広瀬牧子 / 『気質でわかる子どもの心』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★広瀬牧子 / 『気質でわかる子どもの心 シュタイナー教育のすすめ』

●シュタイナーは、誰もが”四つの気質すべてを持っている”と言っている。

 その中で、どの気質が強く働くかは、

 各人によって異なっているという味方をする。

●シュタイナー

 9歳、小学校三年ごろを境にして、

 子どもの内面が変化していくことを重要視し、

「ルビコン川を渡る時期」と言う。

 心理学でも「九歳の壁」といわれている。

 この時期になると、

 子どもはまわりと自分との違いを意識するようになるという。

 つまり、他とは違う存在として、自分を意識するようになる。

●対面するする二つの気質が同時に強く出ることは、まずあり得ない。

 たとえば、胆汁質と粘液質、多血質と憂鬱質が

 同時に強く出るということは、まずない。

●色

 胆汁質:赤

 多血質:黄色

 憂鬱質:青

 粘液質:緑

●長所と短所がわかったら、

 まず第一に、自分の気質の長所を意識してのばしていく。

「長所をのばすと、短所が消える」

 第二に、他の弱い気質についても、

 意識的に自分のものにするように努力する。

 第三に、自分の内にある四つの気質を

 自分で自由にコントロールできるようにすること。

●日野原重明 職業選びをするときの要素

(1)社会に役立つもの

(2)自分が関心を持つもの

(3)自分を曲げなくてすむもの

●カラーミーアシーズン社

パーソナルカラーコンサルテーション

http://www.jcmas.co.jp/

●多血質(外に働く力:強い、内に働く力:弱い)

・自然の四大要素:空気、気体、呼吸器官、明るい

・動作:

 軽やか、手足の動きが活発、身軽、機敏、素早い、

 寝つき・寝起きがよい、リズミカルなものを好む

・気質:

 外:強い・・・

 明るい、生き生き、明朗、活発、何にでも興味を持つ、

 好奇心旺盛、人なつっこい、表情・表現が豊か、喜びや悲しみを表現、

 ニコニコ、愛嬌がある、のびのび、天真爛漫、新しいことを思いつく

 内:弱い・・・

 飽きっぽい

・大人の場合:

 はつらつ、感じがいい、好印象、積極的、行動的、外向的、

 幅広い、気軽、気さく、親しみやすい、人付き合いがよい、

 社交的、柔軟、思いつく、アイディアがある、発想の転換ができる、

 偏見がない、他人の考えを理解、自由な感じ、開放的

 思いつき、軽い、深まらない、広く浅い、表面的、軽薄、

 軽率、移り気、当てにならない、責任を持たない、中途半端、

 持続・長続きしない、完成が苦手、くよくよしない、

 落ち込まない、楽天的、楽観的

●胆汁質(外:強い、内:強い)

・自然の四大要素:火、熱、血液循環、怒りっぽい

・動作:

 怒りっぽい、気に入らないとかんしゃくを起こす、

 長い時間眠る必要がない、早起き

・気質:

 力強い、気が強い、気性が激しい、我が強い、たくましい、威勢がよい、

 自分を主張する、リーダー的存在

 トラブルメーカー、ガキ大将、問題児にも、

 →9歳以後、自制・抑制ができるように

 意思がはっきり、曖昧でない、いい加減でない、

 白黒をはっきりさせたい

 正義感・道徳感がある。

・大人の場合:

 積極的、行動的、活動的、エネルギッシュ、自己主張する、

 自己顕示欲が強い、騒々しい、自信に満ちている、

 指導者、他人に押し付ける、高圧的、反発を受けやすい、

 攻撃的、横暴

 意思が強固、信念を持つ、不屈、理論的、論理的、

 素早い判断、決断が早い、

 やさしさ・思いやり・気配りに欠ける、

 感情のこまやかさ・繊細さに欠ける

●憂鬱質(外:弱い、内:強い)

・自然の四大要素:土、固体、神経組織、不安

・動作:

 寝つき・寝覚めが悪い、朝は疲れていて不機嫌、

 ぜんそく、人見知り

・気質:

 外:弱い・・・

 不安、しり込み、引っ込み思案、心配、恐れ、

 消極的、マイナス方向へ

・内:強い・・・

 行動を伴わないものは、活発に

 感覚・感受性が鋭い、直感力が鋭い、識別する、記憶がいい、

 想像力が活発、繊細

・大人の場合:

 小心、臆病、心配性、非外向的、非社交的、

 控えめ、遠慮がち、無口、寡黙、

 懐疑的、否定的、悲観的、たまに別人のように活発に

 敏感、神経質、気難しい、不機嫌、内向的、ふさぎ込む、

 洞察力がある、美的センス、芸術的、

 理想や真実に従う、思慮深い、慎重、冷静、

 思い込みが激しい、柔軟性に欠ける、頑固、厳格、固定観念、

 自己中心的、被害者意識が強い

●粘液質(外:弱い、内:弱い)

・自然の四大要素:水、液体、消化器官・新陳代謝組織、ゆっくり

・動作:

 ゆっくり、おっとり、おそい、一人遊びが好き、

 問題を起こさないので育てやすい、

 規則正しく繰り返す遊びが好き

・気質:

 おとなしい、自己主張しない、目立たない、従っていく、

 外への関心が乏しい、刺激や反応が鈍い、

 弱いが持続する、繰り返す、長続きする

・大人の場合:

 ふくよか、動作が遅い、緩慢、受身的、消極的、控えめ、

 無関心、怠惰、怠け者、

 穏やか、温厚、円満、信頼される、せっかちでない、

 激しない、大らか、包容力がある、些細なことに動じない

 鈍い、鈍感、やり続ける、やり抜く、

 粘り強い、慎重、熟考、正確、確実、着実、几帳面、

 意思が強い、屈強、芯が強い、柔軟性・融通性に欠ける、

 頑固、固執する、執念深い、繊細でない、

 平静、冷静、自制的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA