210827 堀江貴文 / 『ハッタリの流儀』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★堀江貴文 / 『ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法』

●今後、仕事というのは、誰かから「引き受けるもの」から

 自分の内的動機に従って「作るもの」へと変貌を遂げていく。


「労働はオワコン」になっていく。

「役立つ・意味がある」というのが絶対正義だった時代は終わる。

そのモノサシを捨て「面白い・心が動く」という基準で

日々の生活を組み立て、行動を変えてみよう。

そうやって、ひたすら楽しみまくっている人の元に、

人もお金も集まってくる。

●可処分「所得」の奪い合いの時代から、

 可処分「時間」の奪い合いの時代に移ったと言われる。

 つまり「財布をいかに開かせるか」から

「時間をいかに使わせるか」に変わってきている。

 そして次は可処分「精神」の奪い合いだ。

 心を預けてもらえるかどうかが問われてきている。

 人は心を奪われて初めて時間を使う。

 時間を使ったその後に、財布を開くのだ。

 だからこそ自分の努力の過程を、成長の軌跡を、

 自分の言葉で発信し続ける。

 こうして自分を応援してくれるファンを増やしていく。

 心を奪い、巻き込んでいく。

 通勤途中に毎日野球の練習をしている少年を見ていたら、

 自然とその子の成長が気になってしまうのではないだろうか。

 毎日触れていると、次第に自分ごとになっていくのだ。

●SNSで情報をダダモレさせて、

 人間性をさらして、心を奪い、共感を得る。

 これからの時代、「お金持ち」より「共感持ち」のほうが

 価値が高いと言えるだろう。

□前田裕二『メモの魔力』

●ハッタリ人間たちは、

「やったことはないけれど、きっと自分だったらできるはず」

 だと信じている。

 つまり、他人より先に自分に対してハッタリをかましているのだ。

●ハッタリというのは、

 相手に大きな驚きを与えて気持ちを引きつけるのと同時に、

 信用を得るためのツールでもある。

 信用というのは、他の人があなたをどう評価するかであり、

 不確実で主観的なものである。

 だから、相手に信用してもらうためには、

「これだけの価値が自分にはあります」と、

 積極的にアピールしていく必要がある。

 このときに、あなたを大いに助けてくれるのが、「ハッタリ」なのだ。

●ここでいう信用とは「できます」と断言する「覚悟」のことを言う。

 ハッタリとは、

 できると言い切って、辻褄を合わせる「覚悟」のことを言うのだ。

 そして、それが10も100も積み重なると「信用」に変わる。

●誰しも一度は、「ラクして成功したい」と思ったことがあるだろう。

 しかし、目先の苦労を避けることはできない。

 ラクができる状況のようなものは、

 大きな苦労をした先にこそ待っているものだからだ。

 周りの人から「苦労しているな」と思われるようなことをとことんやって、

 その先にあるラクをつかんでいく、というのがむしろ正解なのである。

 仕事や人生においてラクをすることを、

 僕は「掛け算を使う」と言っている。

 普通なら足し算を使い、10+10で20の成果を出すところを、

 掛け算なら10×10で100の成果を出すことができる。

 同じ時間、同じ費用、同じ労力であっても、

 結果には大きな差が生まれることになる。

 この掛け算の土台を、実は「足し算」という下積みが支えていることを

 忘れてはいけない。

 大事なことは、最初から掛け算が使えるわけではないということだ。

 まずは、ゼロを1、2、3と一つ一つ積み上げ、

 掛け算のベースとなる値を獲得しなければいけない。

 他力を使って掛け算する前に、足し算でまず自力を底上げしておくのだ。

 今の僕があるのは、小さな成功体験を積み重ね、

 自分の殻を打ち破ってきたからだ。

 何者でもなかった自分を、少しずつ更新してきた。

 もちろん、一夜のうちに変わったわけではない。

 すべて、地道な足し算の結果にすぎないのだ。

 一つのことに集中して成功を収め、名の知れた人物になってしまえば、

 それからはどんどん掛け算が可能になっていく。

●本気で努力をする人は意外といない。

 大体が65点ぐらいまで。100点までやる人なんてほとんどいない。

 そして120点までやり切る人間は皆無だ。

 だからこそ「努力」はコスパがいい。

●僕はいまだに、

 今日より明日のほうが少しでも改善できているように、

 毎日毎日努力し続けている。

 この地道な努力こそが、足し算になる。

●楽しみながら地道に続けていくことで、価値を積み上げていくことができる。

 これこそが、足し算の力だ。

●どうしたら、もっとうまくいくだろう、

 どうやったら成果が出せるだろう。

 昨日より今日をよくするために、トライ・アンド・エラーをし続ける。

●いま努力がつらくても、焦らなくて大丈夫。

「努力」が楽しくなるのは、少し自分が得意になってからだ。

 自転車に乗れない子どもは自転車が楽しいとは思わない。

 最初は転んだり、倒れたりしながら、何とか乗り方を覚える。

 そして、ある程度勝手がわかってくると、

 そこから楽しくなってくるのだ。

●たくさん叱られたし、批判もされた。

 でも、そんなことは気にしない。

「人はいろいろ言うけれど、そのうち飽きる」

「他人は自分になんて興味がない」ということが、分かっていたからだ。

 折れずに、前に進む。

 周囲の声なんかに振り回されず、好きなことだけをやり続ける。

 結果的に、そうしていたほうが何事もうまくいった。

 だから、僕はあなたにも「好きを貫くこと」を諦めないでほしいと思う。

●人生は短い。

 せっかくなので、人を揶揄したり、揚げ足をとったりして、

 舞台の袖から石を投げる人生はやめにしよう。

 舞台のド真ん中に立ち、堂々とハッタリをかまして生きていこう。

 できないことは、何もない。

 さあ、行動だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA