210808 石橋拓也 / 『お金をかけない販促の反則技33』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★石橋拓也 / 『小さなお店・会社が一人勝ちできるお金をかけない販促の反則技33 すぐに結果が出る集客&売上アップ術』

●広告業界「センミツ」

 チラシを1000枚配ったら、

 ちゃんとみてもらえるのはそのうちたった3枚だという意味。

●食べきれないお土産キャンペーン

(お昼の時間帯に)試食 → アンケート → お土産

 お土産の「なるべく個数を多くする」

「絶対に一人では食べきれないであろう量にすること」

 → (お客さまが食べきれないため)お裾分け → クチコミ

●プレイランド(屋内型の子ども向け遊び場)にいる

 親たちのような「動けないターゲット」のことを、

 マーケティング用語で「囚われの聴衆」と呼びます。

 文字通り囚われの状態にある彼らには広告が届きやすく、

 効果が高いと言われています。

□日本郵便「タウンプラス」

https://www.post.japanpost.jp/business/service/town_plus/index.html

●クーポン付きカレンダー

 カレンダーに店舗のキャンペーン日、季節のおすすめなどを入れられる。

 カレンダーは毎日眺められるもの。

 そして、先の予定までを一度に見ることができ、意識する。

●定期キュレーション便

例:絵本、おすすめの日本酒 など

●SNS ユーザーとつながらなければ何の役にも立たない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA